まるで石窯は生き物のよう

石窯が「生き物」のよう、と言ったのは、石窯の中、薪、火、色々全て含めてであります。

休日以外、毎日、火をくべていますが、いつも状態が違います。

もちろん、ピザの生地も「生き物」と言えますが、それはまた後日。

今日はよく燃えるなー

今日はイマイチだなー

今日は火のもちがいいなー

今の状態、めっちゃいいなー

晴れの日、

雨の日、

冬、

夏、

もう、いちいち石窯の状態が変わって、正直、不器用な私はいつも戸惑ってしまいます。

扱いが難しいのです。

稀に、バッチグーの石窯内温度があって、

それにさらに稀に、ピザ生地の状態もバッチグーだと、もう、鬼に金棒!

こりゃ、お客さんの行列ができちゃうぜ!と。

「火」は生き物。

毎日、石窯でピザを焼いていて気づくことがあります。

シンプルなように見えて、こんなに奥深いのですから、色々目移りせず、一つのことに集中すべきですね。

仕事はやっぱり。