よく長時間労働のことが問題になっています。

従業員を働くだけ働かせて自分だけ楽して儲かりたいなんて経営者は、ごくごくごくごく少数のはずです。

ほとんどの経営者は、従業員により多くの給料と沢山のお休みをあげたいと思っているはずです。

小さな会社、小さなレストランほど、強く強く思っているはずです。

問題は、経営者が働きすぎるということです。

経営者は死に物狂いでやっているので、経営者だって、生きたい。

それだけ生死をかけた戦いをしている小さなお店の経営者が、人出を借りるとなると、ちょっと働き手はハードになっちゃう。

その辺もよくわかっているはずです。

従業員は、ホントーに大切な存在です。

今のお店は、残念なことに常識の範囲内で働けない人がいて、ほぼワンオペ経営になりましたが、店そのものも個性的に変化しました。

楽しくやっています。

僕自身、この仕事が大好きです。

それでも、大好きな仕事を続けていけるように経営者は努力を続けるしかありません。