店主の勝手なピザ小説。連載第1回。恋愛バージョン「ピザがさめないうちに」

やらなきゃいいのに、ピザ小説にいよいよ挑戦してみます。

まあ誰にも迷惑はかからないかと。

筆者が恥ずかしい思いをするだけ。

フィクションですので、気になさらないで。

また6回で終わりますので。

1

ドアが開くとスッと店内の空気が乱れる。

ピザ田ピザ夫は、そのドアから入ってきた女性に気をとられた。

久々の休日で、買ったばかりの本を読むのを楽しみに、スタバに朝からいた。

さらにピザ夫は、その女性に見とれてしまった。

女性は2年前に、別れた元カノ、トマ子だった。

一見すると気づかない、数段の美しさが増して、みずみずしく輝いて艶やかになっていた。

lkjkljklaj