店主の勝手なピザ小説。連載第2回。恋愛バージョン「ピザがさめないうちに」

トマ子はその混雑したスタバの中でも目立っていた。

周りの男たちが横目で彼女を見ているのがわかった。

ピザ夫は声をかけることを決めた。

ピザ夫は、トマ子の座っているテーブルまでいき、フルネームで彼女を呼んだ。

「苫田トマ子さん、、ですよね」

彼女は顔をあげなかった。

彼女は気づいていたのだ。

ピザ夫だということに。

lkjkljklaj