店主の勝手なピザ小説。連載第4回。恋愛バージョン「ピザがさめないうちに」

しばらくして、新しい客が入ってきて、トマ子の表情が一変した。

一気に青くなった。

彼女から聞いていた男だった。

トマ子の態度でわかった。

男は男の家族と供にいるようだ。

レストランに入ってきた彼らは、向かって左奥のテーブルに座った。

男は、非常に不愉快な笑みを浮かべていた。

トマ子はずっと黙っている。

ピザ夫はたまらなくなって、色々話題を変えた。

だけど無理だった。

トマ子は涙をにじませて、

うつむきながら、外へ出た。

lkjkljklaj