店主の勝手なピザ小説。連載第5回。恋愛バージョン「ピザがさめないうちに」

ピザ夫はトマ子を待っていた。

もしかしたら帰ってこないのかもしれない。

やっぱりそうだ。

ピザ夫は、レストランの会計をすませると、外へ飛び出した。

もうどこにもトマ子を見つけられない。

安っぽいどこかの個人ブログ小説かのように、タイミングよく、強く雨が降ってきた。

ピザ夫は走った。

そして後悔した。

どうして、トマ子をもっと、守ってあげられなかったんだろう。

走った。

やっぱりトマ子を見つけることができなかった。

lkjkljklaj