店主の勝手なピザ小説。連載第6回。恋愛バージョン「ピザがさめないうちに」

強い雨がピザ夫の体をうちつけ、もう、たまらなくなって、引き返すことにした。

振り返ったと同時にトマ子はいて、ピザ夫の胸に飛び込んできた。

トマ子は、しきりに謝って、

「いつも、ピザ夫は私を守ってくれて、私は、、強くなれなくてごめんなさい」

ピザ夫も雨でふにゃふにゃになった顔が、さらに涙を流して、ボロボロになって泣いた。

もう大丈夫。

もう大丈夫。

もう帰ろう。

「まだ、ピザ、食べてない。残っている。持って帰って食べよう。別でテイクアウトしてもいい」

「もう、冷めてるわ」

「大丈夫。また、トースターに入れなおして温め直せば、美味しく食べれる」

ここで、石窯ピザフェデリコのテーマ曲が流れてテロップが流れて、完。

ちゃんちゃん

lkjkljklaj