最近は、パワハラ、セクハラ、暴力行為など、話題になっていますが、

料理業界ではまだそういう話しが出てきません。

いつか、料理業界の有名な店、人が、話題になって出てくるかもしれません。

それだけ、これらの行為が飲食業界では日常茶飯事です。

強いもの(仕事ができる経験者)が

弱いもの(仕事のできない経験者)に対して行うので。

「大義名分」「正義」として行われます。

それに現場も、ゆったりとした動きの仕事ではなく、感情も高ぶり、まるで、弾丸とびかう戦場みたいなものなので、どうしても熱が入ります。

僕自身、殴る、蹴る、罵る、が当たり前の中で仕事をしてきましたが、当時、相手が悪いなどつゆほども思いませんでした。

ちょっとおかしいなと思うところもあるのですが、今では感謝しているところが多いです。

当時、ボコボコにされて、強いものが言うには、

「怒る方が疲れる」

「つらいのはこっちだよ」

「泣きたいのは俺のほう」

これらは、本当によく言われました。

本当かなぁ。

確かに叱るのはすごいエネルギーがいりますが、言われた方は、その日1日では回復せず、ずっと精神的ダメージを持ちます。

いつか、有名店、有名シェフが大きく話題になったとき、料理業界が揺らぐかもしれません。