1501ブログ画像2これは、ミラノの大聖堂「ドゥオーモ」の目の前にある、

ヴィットリオ・エマヌエーレⅡ世のガッレリア。

この坊主さんが、しているのは、地面に描かれてある、モザイク画の雄牛の股間を、くるくる回って踏みつけているのです。

※坊主なのは、イタリアに行くと一人で床屋に行けないだろうから、先延ばしするため短くしたのです。

これは、イタリア語で聞いたので??確か子宝に恵まれるとか、安産になるだとか、そんなご利益があるということだったような。。

男がぐるぐる踏みつけていいのか、笑、ということを考えていました。

イタリアに初めて着いたのが、2月くらい、寒くて日本と同じような感じでした。

今、日本もかなり寒いですね。

初めて飛行機でミラノの空港に降り立つとき、雲の切れ間に見えた上からの街並みはとっても綺麗でした。

ミラノで印象深いことの一つは、私が、見たわけではないですが、同期がアントニオ猪木をカフェで見たということです。

アントニオ猪木がイタリアに?!嘘だぁと思ったのですが、彼のデジカメを見せてもらうと、アントニオ猪木がカフェのガラスの向こう側で笑っていました。

カメラ目線で。

イタリアでプロレスの何かイベントがあったのでしょうか?

また、マクドナルドがミラノの古い街並みの中に同化されていて、かっこよかったです。

失態を後で気づくのですが、あることがありました。

我々は、イタリア人とイタリア語で会話できません。

「美味しいレストランを探しています」とか、

「駅の方向はどっちですか?」とか、

聞けません。

勇気を出して、イタリア人のおばあちゃんに話しかけたら、おばあちゃんが、一生懸命イタリア語だけで、えんえんと30分くらい説明してきて、結局、道はわからずじまい。

ミラノには観光客が多く、日本人も沢山いました。

普段、我々は、なかなか日本人を見ることがないところに滞在していました。

なので、日本人を見かけた私たちは、嬉しくてやっと言葉が通じると思って、話しかけるわけです。

それが、若い女性二人だったんです。

同僚が後ろから彼女たちに、

「すいません。このあたりで、美味しいレストランはありましたか?」

うちらは、都会のレストランの料理を見てみたいんです。

けど、検討がつかないので、話しかけたのですが、、

その時、ものすごーく白い目で見られました。

少し離れていた私たちも胸が痛いくらいに、冷ややかな目。

何も向こうは答えず、さーと去っていく。

どうして??と思っていると、

ああ、これは「ナンパ」だと思っているんだ。

と気づきました。

もしくは、異国の地で騙されまいと、バリアーを張っているのか。

結局、外国では日本人女性には話しかけないと決めました。

そして、イタリア語を理解できるようにするしかないんだ、と思いました。

その時は、1から10までもイタリア語で言えないほどでしたから、ほんと、よく一年もイタリアにいれたものです。

私は、本が好きで、日本でいるときも、よく本屋に立ち寄りました。

ミラノは都会ですので、色々な店があります。

大きな書店がありましたので、もちろん立ち寄りました。

が、全て、当たり前ですが、イタリア語。

英語の本もありましたが、その中で、料理書を見ていたら、栗原はるみさんの本を発見しました。

世界的に有名なんだと感動しました。

イタリアの料理本は大きくて、写真がとてつもなく美しい。

高知の石窯ピザフェデリコでもその時の本を飾っていますが、写真、上手ですね。

さて、高知も寒くなってきました。

皆さまもなかなかお出かけになられないと思います。

移動販売は、今、交代で正月休みをとっていますので、お休みしています。

また、ホームページのネット予約のところには、(あまりアクセスのないページをいいことに www)かなり、お得なプランをのせています。。

毎月、かなりお得な企画を考えてのせるつもりです。

気づいた人にだけのボーナス企画ですね。

また、自社オンラインショップで新規で購入された方には、

ピザを増量。またはデザートピザをおつけするなど、その人にだけのおまけを用意するつもりです。

この機会に登録してください。

カード決済。

コンビニ決済。

後払いと、お取り寄せはかなり、おもとめやすくしました。

どうぞ、よろしくお願いします。

http://pizzafederico.co.jp/online/

lkjkljklaj