1501ブログ画像4この猫は、

出身はイタリアなんで、イタリア猫です。

この猫は、フェデリコの飼っていた猫です。

フェデリコのつけていた名前は、イタリア語っぽかったですが、忘れました。

彼は、動物が好きで、猫を2匹飼っていました。

休日にはフェデリコの家によくお邪魔しました。

そこは新しく買ったという郊外の大きなマンションの一室でした。

その中に、スーパーもあり(その当時、近々ピッツェリアもできるだとか)そんな大きなマンションでした。

5年後にまたイタリアのフェデリコに会いにいきます。

高知の石窯ピザフェデリコをオープンする前です。

話には聞いていましたが、フェデリコには新しい家族が増えていました。

彼らの子供、ロベルティーナです。

すごく元気な女の子です。

ものすごーく走り回ってましたが、いくつだったのでしょうか?

たくさん言葉も喋ってなかったので2歳?3歳くらいでしょうか。

フェデリコもクリスティーナも、黒髪なんですが、ロベルタは金髪でした。

聞くと、祖父母に同じ髪の毛の色の人がいたとのこと。

ロベルタはほんと元気な女の子でした。

フェデリコの遺伝をひいたのか、動きが俊敏です。

フェデリコは運動神経抜群でした。

特にジャンプ力がすごくて、ジャンプして天井にタッチしていました。

目を離したすきにロベルタは走る。走る。

クリスティーナはいつも、大きな目をギョロギョロ動かしてため息をついていました。

「ああ、疲れた」

フェデリコは、ニコニコしながら、ロベルタをあやしていました。

僕も彼を手伝ってロベルタを遠くにいかないように、抱っこしたりしました。

ただ、力が強すぎて、抑えきれず、振り払って走って逃げました。

そうやって、ロベルタと一緒にいたら、最後の方ではなついてくれて、「ケイタ~」と呼んでくれるようになりました。

僕がシャワーを浴びていたら、扉の向こうから「ケイター」と叫びながら入ってこようとしたり。。クリスティーナが止めてくれましたけど。

そういえば、当時フェデリコが飼っていた猫ちゃんたちはいなかったですが、大きな犬がいました。

イタリア語っぽい名前だったんで、忘れてしまいました。

この犬がまた可愛かった。

ネバーエンディングストーリーのファルコンみたいでふかふかとした毛並みでした。

触ると気持ちがよい。

フェデリコと僕は、夜の営業があるので、昼間の休憩時間に、一緒にファルコンと散歩しました

ちなみに、フェデリコのマンションのバルコニーはとても大きくて、バーベキューもできるし、下手すれば、サッカーもできるくらい、広かった。

そこに犬小屋があって、ファルコンは快適に暮らしていました。

そのバルコニーからは、遠くの山脈も見えて、いい環境でした。

サルデーニャ島の話です。

さて、お店の告知ですが、

只今、アルコール108円セール(詳しくは上のレストラン→ネット予約)をやっています。

そして新しいプランもお目見えします。

利用できる時間帯は平日の18時から21時までです。

一つは、当店にありそうで実は一度もやったことなかった「女子会」プラン。

これは、飲み物と、前菜の盛り合わせ、デザートがつきます。

もう一つは、おっさんのみが利用できる「おっさん会」プランです。

これは、飲み物と。唐揚げ、枝豆、だし巻き卵の3点盛りがつきます。

また詳しく告知します。

 

lkjkljklaj