カプリチョーザの意味ってなんでしょうか?w

「きまぐれ」という意味のようですが、イタリアにいるとき、この用語を使った記憶も、見た記憶もなく、使おうと思ったこともありませんw

イタリアレストランのカプリチョーザが有名なおかげですね。

当店でも、ランチメニューに「カプリチョーザ」をのせています。

きまぐれという意味ですから、なんでもよいのでしょうけど、有名なレストランがありますので、期待はずれではいけませんね。

アンチョビや、ハム、オリープ、など、人気のありそうな具材をのせています。

こればかり頼む常連様もいますねえ。

そういえば、この間、外人さんがきました。

外人さんはよく来てくれます。

よく顔を覚えていたのですが、聞くと、2年ぶりにきたそうです。

短期間のうちに二回もきてくれました。

一回目で、

「すごく美味しくなった!2年前と何が変わった?」

めちゃくちゃ、流暢な日本語で話してくれました。

特に何も変わっていないのですが、石窯の火力はいつも変化するので、ちょっとしたことだったかもしれません。

二回目も、大変褒めてくれたので、聞くと、

なんとイタリア人で、

しかも、

フェデリコと同じ、イタリア、コモ出身。

嬉しかったです。

お仕事で、全国各地を回っているそう。

エレガントスーツを着てらっしゃいます。

近々、コモに帰って、写真をアップするそうなんで、楽しみです。

イタリア人に褒めてもらえるなんて嬉しいですよね!

さて、6月は、フェデリコ5周年であり、

中央公園のイベントにも参加します。

このイベントはテーマがフレンチなので、フェデリコはピザを封印し、名前もふせ、フレンチで勝負してみます。

実は、わたし、フレンチビストロで3年ほど働いていました。

では、また。

1501ブログ画像1

lkjkljklaj