この話は有名なんですかね?

あえて、書きます。

端的にいうと、

マルゲリータ妃に、ラッファエーレ・エスポースィトというピザ職人が献上したピザでした。

妃「このピザは何という名前?」と

聞かれたラッファエーレが、機転を利かせて

「ピッツァマルゲリータでございます」と答えたのがこのピザの始まりだとか。

バジルをのっけてみようと思い立ったのだと思いますが、バジルは気候的に暖かい場所に生育すると思うので、イタリア全体ではどうしているんでしょう?

僕が修行していたサルデーニャ島の近所のピッツェリアには、「マルゲリータ」ありましたが、バジルのってなかったですねぇ。

しかし、イタリア人はネーミングの付け方が天才だと思います。

お酒のベッリーニ。

前菜のカルパッチョ。

名前がついたのもありますし、

修道院風、娼婦風とか、生まれた経緯が含まれた料理名もあります。

料理名から、歴史を読み取ることが十分可能です。

IMG_0404

lkjkljklaj