薪はピッツェリアだけではなく、レストランでも使う。

「石窯ピザフェデリコ」を開業する前に、3ヶ月、サルデーニャ島のオルビアで、料理研修をさせてもらいました。

ガッルーラという、今はどうかわからないですが、歴史のある一つ星レストランです。

ホテルが併設されていて、住み込みで3ヶ月研修をしました。

その厨房の真ん中には、とても大きな鉄板焼きのような、台がありまして、その中に、薪を入れて燃やすんです。

そして、その上にパスタ鍋、フライパンなど、後、ソースなど、置いて、ガス台の一元管理ですね。

毎朝、倉庫に薪を取りにいって、燃やすんです。

ちょっと大変です。

ピッツェリアだけではなく、薪を燃やして、調理するというのは、もしかしたら、非常に一般的なことではないかと思いました。

そういえば、余談ですが、イタリアで、牛乳とか生クリーム、冷蔵庫で保管しなくてもいいんですよ。

多分、加熱をしっかりしてパックしているからだと思われまする。

よく倉庫に朝、取りにいっていました。

15338795_1163537723715935_7491873694261928014_n

lkjkljklaj