アメリカのピザ2

Pizza rite

というお店。

ナポレターナとありました。

入店すると、店員さんはイタリア語を喋っています。

10数年前にはイタリア語で日常会話くらいは喋れてたので、その方がきっとスムーズだったんですけど、全然喋れず。。

拙い英語でするだけでした。

今はとても便利です。

Appleのマップアプリから、お店を探し、それに提携している予約アプリを立ち上げると、そこから予約をすることができます。

英語ができなくて、電話予約が困難でも、これなら、ちょー簡単です。

内容は、ベリーグッドです。

日本ではシェアしますが、ほとんど、ピザ一枚は、一人が食べます。

ラーメンみたいなものです。

どうです。

お蕎麦とラーメン。一杯をシェアします?

気持ち悪いですよね?

そんな感覚です。

ですが、ウェイターの人は、日本人はシェアするとわかっているらしいです。

僕は、全然一枚食べれるんですが。

マルゲリータは、もうナポリピッツァそのものです。

モッツァレラが、いい感じでトマトソースのジューシー感にマッチして、しょっぱあまーい感じで美味しかったです。

パスタは、カバテッリだったかな?

手打ちで、ソースも素朴で美味しかったです。

他テーブルで見た、フリットミストがかなり美味そうだったので、

ウェイターに「あれ、ください」とお願いして、食べ終わった後に、食べました。

カラマーリがかなり美味しい。

会計ですが、

アメリカはクレジットカードの使用になれており、すぐにカードが戻ってくるのが印象的です。

担当してくれたウェイターの人は、色々と親切にしてくれたので、チップも20%と。

向こうはチップ文化ですね。

日本でも、あったら、モチベーションあがるかもです。

キヨスクでもカード支払い端末が置いてありました。

キヨスクでアップルペイメントを普通に使っていました。

テイクアウトピザ専門店も行ってみました。

ここでもかなり大きめのピザを焼いて、一切れから注文できます。

それに、トッピングを選べるというものでした。

スタッフは2人しか見えませんでした。

ピザは、間違いなく美味しいです。

ピッツァじゃあないですよ。

ピザです。

15941163_1196042757132098_1912093807912238015_n

lkjkljklaj