「第5回」餃子の皮で作る本格ピザレシピ。ツナのビスマルク

餃子の皮で、ピザを作る。

餃子の皮は安いし、どこでも変えるし、円形なので、ピザの生地として使えるんですね。

ですので、クックパッドでは沢山のレシピがあります。

今回はツナのビスマルク。

イタリア語でツナはトンノといいます。

トンノビスマルクですね。

全部イタリア語ですと。

ビスマルクは、共通のレシピは、半熟卵がのっかることです。

ここは、変化球な、餃子の皮を使ったピザのレシピではなく、シンプルなピッツァを考えてみましょう。

作ってみましょう。

用意する材料

1,餃子の皮

2,成城石井(高知県ですと、サニーマート)的な、ちょっと、高級チックな食材が売ってそうなスーパーで、見つける、モッツァレラチーズ(お水と一緒に保存されている小さな丸型のものでよい)

3,プチトマト2-3個

4,うずらの卵(生でもよいんですが、ここは簡単に、うずらの卵の水煮を使いましょう。小さいパックで売っていることがあるのでそちらがオススメ。

5,エクストラオリーブオイル。ピュアーーーじゃないですよ。エクストラで。

6,ツナ缶

作り方。

1,モッツァレラチーズをかなり薄めにカットします。

2,プチトマトもかなり薄めにカットするか、細かく切り刻みます。

3,餃子の皮にプチトマトを縁を隠さないようにのせます。

4,チーズをのせます。

5,ツナをのせます。ちょこっとね。オリーブオイルはかけません。もうツナはオイル漬けになっているので充分です。

6,アルミホイルかクッキングシートにのせて焼きます。

7,仕上げに半分にカットしたうずらの卵をのせます。

*これで、なんちゃって、トンノビスマルク餃子の皮バージョンのできあがりです。

lkjkljklaj