「第9回」餃子の皮で作る本格ピザレシピ。カルツォーネ

餃子の皮で、ピザを作るというテーマのブログです。

餃子の皮は安いし、どこでも買えますし、円形なので、ピザの生地として使えるんですね。

クックパッドでは沢山のレシピがあります。

ここは、変化球な、餃子の皮を使ったピザのレシピではなく、シンプルなピッツァを作ってみましょう。

(豆知識)

でました!

カルツォーネ!

かっこいい名前ですけど、今回は、もう見た目は餃子ですね。

ラビオリ(詰め物パスタ)は、餃子からヒントをえて、できた料理だと何かの本の説で読みました。

修行でイタリアに住んでいて、中国の方も沢山いるんです。

イタリアは、こうして移民の影響をうけて今も存在する料理も、あります。

カルツォーネは、ピザをたたんで、つつんで、焼くピザです。

見た目は半月型です。

中身を本格的にすると、リコッタチーズなど手に入りにくいものがありますので、少し餃子にイタリアンテイストを加えるのはどうでしょうか?

♦用意する材料

1,餃子の皮

2,ネタ。いつもの餃子の中身です。挽肉でも何でもかまいません。

3,香草。今は小さな袋で、売っているはずです。短期間で使い切れるように、普段使わない物は少なめに買いましょう。

 香草は、タイム、オレガノ、などがよいです。

4,オリーブオイル

5,粉チーズ

★作り方

1,いつものネタに、香草をみじん切りにして加えます。香草入りのソーセージ(サルシッチャ)のような味わいをパロディ化します。

2,ネタに、オリーブオイルを適宜入れます。

3,後は、ごま油ではなく、オリーブオイルで仕上げるのです。

4,できあがりに、チャービル、セルフィーユを飾れば、しゃれたイタリアンぽい餃子ができます。

<ワンポイントアドバイス>

 *仕上げにもオリーブオイルと黒こしょうをかけるのもよいです。

lkjkljklaj