開業の準備。ピザ屋ができるまでのあれこれ⑤

窯の火入れ。

これ、めったにできないことです。

数日、ゆっくりと、火を中で燃やすんです。

そしたら窯にふくまれた水分が蒸発してきて、しっとりと濡れてきます。

どれくらい水分が出るのか、話には聞いていたのですが、どこまでかわからず。

もう焼けるの?

もう焼けるの?

と不安になりながら、窯を温めていきました。