鼓童

高知で公演されるということで、営業時間の隙間に飛び出していってきました。

高知の舞台、踊りに携わる人達とコラボするということです。

その中の主要出演者の方と知り合いだったので、この公演を教えてもらいました。

当日は、日曜日なんで、「これは観に行くのは無理ナンジャネ?」と、頭から観にいくことを考えていませんでしたが、店内の流れが、私に味方してくれました。

営業中に仕込み、片付けを着々と片付け、舞台会場に向かいました。

途中からの観覧となりましたが、入った瞬間に、迫力が伝わりました。

これは、凄そうだ。

結果、すごかったです。

ラストがよかったー。

久々に「外」にでました(笑)

「外」というのは、お店の外です。

ほぼ、一人でレストランを切り盛りしていますから、こもりっきりでなんです。

「外」との接触が、あまりないのです。

「外」は刺激がありました。

こうして、芸術作品にふれるのはよいことですねー。

元気がでました。

さて、踊っている人をみていると、やっぱりすごい。

肉体的なことです。

普段、調理場にたって、動いてはいるんですが、体力が衰えていっています。

特にしゃがむ、下の冷蔵庫をあけるための、しゃがむという作業。

これがきついんです。

昔からきつかったんですが、最近は、より一層きつくなりました。

舞台を観て、これは、兎にも角にも、足腰を鍛えていかないと大変なことになるなぁと、ヒシヒシと思ったところです。

ヒシヒシは、そんなにヒシヒシではなく、今日にでもすこしでもスクワットします。