ピザはシェアするもの。パスタは?

当店ピザの重量は220gです。

やっぱり、大きいサイズのほうがどちかというと喜んでもらえるし、焼く方も楽しいので、大きいサイズにしています。

僕は、イタリア料理をよくしらないときにイタリア修行に行きました。

それで、今でも、その当時の常識が今の僕を変えずにいます。

それは、

なぜ、ピッツァをシェアするのか?です。

ピッツァ(うちではピザですので、ピザとします)をなぜみんなで取り分けて食べるんですか?

どうして、タバスコをかけるんですか?

未だによくわかりません。

ピザ専門店にしたかったのですが、やっぱりパスタは必要だと思いメニューにのせています。

大阪の超有名店のピッツァイオーロさんにきいても、

「地方で、ピッツァのみの提供はかなり難しい」と言われました。

僕自身がシェア感覚がわかっていないせいもあるのですが、パスタもシェアする量にしています。

それで、セットやコースを設定したりしています。

またこれが不思議なことに、

「パスタはシェアしない!」のが普通なのです。

「ピザはシェアする!」のが普通なのに。

筆者、おまえは、なんて常識のないやつだと思われることでしょう。

イタリアで、ピッツァをシェアすることは相当「不自然」なことが最初にあるので、未だにこの感覚がぬけずにいます。

ですので、当店メニューも、「パスタをシェアする」というコースに お客様は戸惑われます。

今は、当店に一度は来られた方が多いせいか、そういうもんだ、この変なお店は、で。

戸惑われるお客様がへりました。