ざっと流れを書くと、焼く、ビール飲む、寝るのくり返しです。

このフローチャート。

二十歳そこそこの時は、お酒の美味しさがわかりませんでした。

今は、あのビール。

いいですね。

甘くなくて、炭酸が喉にきて、そして、読書、映画鑑賞など楽しんでいると、ボヤあっとしてくる感じ。

唯一無二の存在じゃないですか。

だれかのコラムで、間違えてアルコールフリーを飲んでて(それも2日連続くらい)

気づかずにいて、その人は、「別にアルコール入ってなくても仕事終わりに飲むという行為がオフになるのだ。アルコールをやめよう」と思い立ち、実際、やめているようです。

本当かなぁ

そんなことできるのかなぁ

僕はお酒に強くなくて(これがいいんですけど)

それでもお酒が大好きです。

362回は年間晩酌します。

寝る前に歯磨きするくらい日常的です。

お酒強くなくて大好き。

これは、かなり幸運なことです。

だって、1缶くらいでそこそこ酔えるんです。

経済的。

3缶ぐらい飲めば、人生やるせないときでものりきれるぐらい、酔いつぶれます。

なんて幸せなんだ。