タイトルからはちょっと意味合いが違うかもしれないのですが、料理がうまくなるには、一つ。

「キッチンを広くすること」

私は料理人ですが、時折、家庭の台所で料理を作ることがあります。

その時によく思うこと。

「動きづらい」のです。

まず、まな板を置くスペースがなかったり、ゴミ箱が遠かったり、できた料理を置くところがなかったり。

動線が、現場とは違う。

これは当たり前のことですし、いつもと違う環境では作業効率が落ちるのは仕方のないことです。

ただ、キッチンが広ければ、まな板を置いて食材も思いっきり包丁で切ることができますし、ゴミ箱ももっと近くにおける。

作った料理を置くスペースも作れる。

IHコンロしかない。

火口が一つしかない。

電子レンジがない。

これらは工夫すればなんとかなります。

しかし狭いキッチンは、どうすることもできません。

どうしても作業効率を落とします。

ピンとこないかもしれません。

私はまな板も置けないキッチンで、手打ちパスタや、キッシュの練習をしましたが、かなりやりづらい。

そうして、まな板がおけるキッチンに引っ越しただけで、効率に雲泥の差がでました。

広いキッチンではプロも申し分ない動きができるでしょう。

では広いキッチンにして料理を上達するにはどうしたらいいのか?

1、引っ越すこと(笑)

2、シンクを一時的にうめ(まな板等)作業スペースを拡張する

3、キッチン横、後ろ空いているスペースがあれば料理材料を置けるスペース(棚)を作ること

4、もしくはキャスター付きの棚(天井に料理材料をおける)を用意すること

物件によって無理がありますが工夫しなければなりません。

とにかく整理して広くするのです。

住宅事情、経済事情で、広いキッチンが使えない人もいることでしょう。

その時は、仕方ありません。

「料理は上手ではない」

「料理はあんまりしない」

でよいと思います。

狭すぎるキッチンでの料理は、「難しい」と僕は思うからです。

やる気もおこらないでしょう。