ソースがつく料理があります。
 
オシャレな料理本の中に、びっくりするソースの添え方を見たりします。
 
ポピュラーなソースの添え方としては、ナイキのようなシュッと右にはねるものでしょうか。
あのソース、ある現場では、ナイキソースと呼んでいました。
少々ジョーク混じりですが。
確かによく似ています。
料理人もほとんどが右利きなので、右にはねるんですね。
 
最近では、お皿の左端、右端にちょこんと料理を盛り、中央からソースをメインにデザインしているものがあります。
お皿もかなり凝っていて、やはり、料理が端にちょこんと盛られ、ソースがしゃーっとかっこよくデザインされています。
 
さて、当店ではどうでしょうか。
いやーピザには必要ないですよね。
また、うちの料理も大皿どかーん料理で、余白なんてないくらいたっぷり盛るので、オシャレなんて、できるスペースはありません。
 
うーん余白、ゆとり、人生にはスペースは必要です。
 
前置きが長くなりましたが、少しお試しで、ランチに結構小さなサイズのピザを登場させます。
好評だったら継続します。
あんまり出なかったら、やめにしますんで、急に無くなっていたらすみません。