店主の勝手なピザ小説。連載第3回。恋愛バージョン「ピザがさめないうちに」

夜は長かった。

ピザ夫は、トマ子の素晴らしさを改めて感じていた。

2人は、あれからの2年を話し合った。

翌日の夜に、2人はディナーに行くことになった。

近所で唯一といっていい、ピザ屋「石窯ピザフェデリコ」だ。

ピザ夫とトマ子は、レストランに入ってメニューを一読すると、オススメの

マルゲリータ。

生ハムのせカルボナーラ。

そして、この店、名物の大盛りサラダを頼んだ。

ワインを頼むことも忘れずに。

艶やかで赤々しいトマ子はさらに艶やかになっていった。

lkjkljklaj