トマトの歴史は実はイタリアでは浅いんだそうです。

イタリア料理が生まれたときからありそうですよね?

南米原産のトマトは、毒を持っていると思われてたようで、なかなか食用にならなかったそうです。

Web で検索しますと。マルタ+テイストさんのホームページに、面白い記事が載っていましたので紹介します。

ピザに、トマトがのっていないなんて、信じられないですよね。

トマトソースのパスタも沢山ありますし。

また、日本のトマトとイタリアのトマトは、違います。

トマトの種類も沢山ありますので。

イタリアトマトは、ちょっと小ぶりで、細長い感じの種類をよく見かけました。

肉厚です。

日本は、プチトマトか、まあるい感じのトマトですよね。

日本では、サラダにトマトが入っていて、よく生で食べますが、僕がイタリアで修行しているときは、生で食べることなんて、めったにありませんでした。

そもそも、レストランテでは、サラダ!!ってメニューがほとんどありませんしね。

洋食文化から来ているのでしょうか?

それとも、日本人が生で食べるのが好きだからでしょうか?

日本のレストランがサラダを提供するため、私たちの観念にはレストランには必ず、「サラダ」があるものだと思っています。

イタリアでは、メニューから見つけるのは難しいと思います。

Antipasto(前菜)に少し添えられているか。

もしかしたら、insalata(サラダの意味)という品書きがあるかもしれません。

さて、ピザに使われるトマトですが、

ナポリピッツァの伝統的には、サンマルツォー産のトマトを使うのがよいとされています。

そして、基本的なトマトソースの作り方は、少し加熱して塩を少し入れるのみです。

当店では、塩を入れずに、シンプルにトマトを使用しています。

トッピングも多様で、塩気のあるものを使うこともあるからです。

このように、ソースと具、生地のバランスをとっています。

%e3%82%bf%e3%82%99%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%99

lkjkljklaj