ピザ屋のサイドメニュー

ピザ屋は、イタリアンレストランという、くくりではなく。

どちらかというと、かなりカジュアルで。

日本でいうと、割烹や懐石、日本料理(レストラン)で。

大衆的な、お蕎麦屋さん、うどん屋さん(ピッツェリア)かな、と。

認識しています。

日本ではピザ屋もイタリアンレストランというくくりでしょうから、

バーニャカウダ、カルボナーラ、テリーヌ、タルト、など多彩なアンティパストを要求するでしょう。

実のところ、ピッツェリアのサイドメニューは、シンプルで、あまり凝ったものをおいていないものです。

イタリアでの話です。

僕の好きなピッツェリアには、ワインもパスタもおいてましたが。

どちらかというと「揚げ物」メインでしょう。

ゼッポリーネ(小麦粉にノリをいれて揚げたもの)

ライスコロッケ。

野菜を揚げたもの。

シチリアとかだったら、ビアンケッティのフライとかあるのかしら?

それらの揚げ物に、申し訳ない程度のサラダとレモンをそえて。

きっと、ファストフード店みたく、早く提供できるのと。

ピッツェリアを開業する人が多くて、(中には、定年して独立?て人もいるのかも)

小難しい料理をサイドメニューにしない、できないのでは、なんて考えています。

15590530_1179232092146498_1586573097135440135_n