●石窯の中でどうやって焼いているのか?

石窯、石窯といっても、オーブンなどと、どう違うのか?

知らない方もいるんじゃないでしょうか?

石窯は、僕なりに説明すると、、、かまどみたいになっています。

その中の端の方で薪を燃やします。

すると、かまどの中があたたかくなるように、輻射熱で、かまど中(石窯中)が、あっツあっツになるのです。

アツイという程度ではないです。

400℃くらいにはなりますので。

ピザを端から離して入れまして。

燃えている火と、石窯中のアツアツ部分で焼くのです。

直火の温度、400度以上と石窯中の、300度くらいの高温、高温の、温度差で瞬時に、あの石窯ピザができあがるのです。

まあ、これだけ、うんちくを説明しましても、当店は、「ピッツァ」ではなく「ピザ」なのですが。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー